信長が・秀吉が・光秀が、そして家康が駆け抜けた 田中城

元亀元年4月、織田信長の軍勢が越前の朝倉攻めを行う際、この田中城に逗留したと伝わっています。その軍勢には、豊臣秀吉や徳川家康も参加していました。

その後、浅井長政の勢力下に置かれた田中城は、元亀4年に信長によって、陸から琵琶湖から攻略され、明智光秀の支配を受けて終焉を迎えたと言われています。