「信長の隠れ岩」を見に行くの巻

元亀元年(1570)、織田信長は越前の朝倉攻めを行いましたが、信長と同盟関係にあった浅井長政の寝返りによって窮地に陥りました。 急遽、京都に逃げ帰ろうとした信長が、一時身を潜めたと言われるのが、高島市朽木三ツ石の「信長の隠れ岩」です。