天下統一の布石として築城された大溝城

JR湖西線 近江高島駅から東方向に5分ほどのところに、今から440年ほど前の戦国時代に、織田信長が作らせた大溝城があります。
この城は、信長が天下統一を成し遂げるために、先ず日本の中央部にある近江の国を抑えようとして琵琶湖を固める城郭ネットワークを構築するために作らせたものですが、城の完成の4年後に本能寺の変が起こり、大いなる野望は実現できませんでした。