琵琶湖の蜃気楼

晩秋から冬にかけて、冷たい北風が吹く日に琵琶湖では(下位)蜃気楼(浮島現象)が安定して発生します。
これは、夏の「逃げ水」や砂漠の蜃気楼と同じプロセスで発生するものです。