二つの王塚古墳

高島市には「王塚」という名前がついた古墳が二つあります。
今津町の「平ヶ崎王塚古墳」は平地に築かれた古墳としては滋賀県最大級のものですが、被葬者については謎です。 しかし、ここは、位置的に日本のレイライン上に乗っているので、そのことを意識して場所が選ばれたのではないかと推察されます。
一方、安曇川町の「田中王塚古墳」は、高島市で生まれた継体天皇の父、彦主人王が被葬されていると言われており、宮内庁の管轄下に置かれています。